Nittera 日本特殊陶業 RECRUITING SITE

ENTRY/MY PAGE

日特の新たな事業の柱は研究開発からはじまる。

材料開発 化学系専攻
2018年入社
K.K.

大学時代からの学びを活かして、
未来の日特製品の種を探す。

私は大学時代、ヘルスケア材料の研究を行っていました。社会に出ても医療分野の研究を続けていきたいという思いと、地元である愛知県で働きたいという2つの観点で日特を選びました。選考の中で、出会った人事や役員の方々の優しく和やかな雰囲気が自分にマッチしていると感じたことも大きかったです。入社後は、学生時代の学びを活かせるヘルスケア材料の研究開発を担当。主に人工骨などの体内に埋め込むインプラント材料の開発を行ってきました。

現在は、医療に関わるすべてのものに視野を広げ、会社として将来出していきたい製品の基となる新しい材料や技術を開発する仕事を担っています。0から1を生み出す仕事のため、苦労も多いですが、自分で考え、実験するという試行錯誤を繰り返しながら少しずつ目標に近づいていけることにやりがいを感じています。まだ目に見えるカタチでの成果はありませんが、自分が見つけてきた種が、製品化して世の中に出たときの達成感は計り知れないくらい大きいだろうなという思いで働いています。

自ら考えて動く。
柔軟で自由な環境が成長を加速させる。

研究開発の仕事は実験に限らず非常に多岐にわたります。研究テーマを見つけるため、さまざまな分野の技術や専門知識のインプットは欠かすことはできません。複数のニュースサイトをチェックすることが毎朝の日課になっています。また、実際に専門家の方のところに出向いてヒアリングを行うこともありますし、同じようにテーマを探している社員と、情報交換を兼ねた打合せも頻繁に行います。ときには、1日中、文献や特許を調査する日もあり、日によってスケジュールはバラバラ。そのため、スケジューリングはある程度個人に任されています。

今は在宅ワークも推奨されているため、非常に自由度も高く柔軟で働きやすい環境。仕事内容も働き方も、若手からかなり裁量を与えてくれる会社であると同時に、分からないことがあればすぐに相談に乗ってくれますし、困っていれば手を差し伸べてくれる環境でもあります。周りから知識や技術を吸収しながら、しっかりと自分で考える力を伸ばしていきたいです。

私の延長線上にない変化

延長線上にない変化のはじまりを、
私たちがつくっていく。

0から材料や技術の種を生み出していくこの仕事は、まさに延長線上にない変化のスタート地点。私たちが新しいものをつくらないと、会社全体の変化は起きないと感じています。特に最近は、会社が大きく変わっていこうとしている中で、研究開発という仕事自体も変化してきていると感じます。これまでは、既存の製品をレベルアップさせていく仕事が多かったのですが、最近は私が取り組んでいる仕事のように、既存製品にとらわれない研究が増えてきました。また、研究開発本部では、メインの業務に加えて、業務時間の15%を使って、自分が決めたテーマに取り組むことのできる制度があります。

私自身は自分でテーマを決めることのできる仕事なので、制度を利用していませんが、テーマに応じて予算も支給されます。私たち研究開発職の社員がやりたいと思ったことや、面白そうだと思ったことにどんどん取り組んで提案していける環境です。「変わらなければいけない」という想いは、決して会社の経営層だけの想いではなく、社員一人ひとりまで浸透していると感じています。

挑め。楽しめ。延長線上にない変化を。
ENTRY

ENTRY

日本特殊陶業株式会社

2025年春入社対象エントリー

2026年春入社対象エントリー

株式会社NTKセラテック

製品紹介にて掲載している「静電チャック」をメインで扱っているグループ子会社はこちらです。
半導体製造装置関連に興味がある方は是非ご応募ください。

2025年春入社対象エントリー

  • マイナビ2025

2026年春入社対象エントリー

  • マイナビ2026